丹後で釣れる魚  ハツメ フサカサゴ科

 他のメバル属に比べ体はやや細長く、背鰭棘が14本であることが特徴。黄色型と赤色型があり、いくつかの形態的相違も見つかっている。水深100〜300mのやや深い所にすむ。
 

丹後の方言

 一般的にアカラと呼ばれる。


※ 京都府海洋センターの調査では、赤・黄、色の違いは性別の違いであることが分かったと報告しています。体長12センチメートルまではオス・メス共に赤色ですが、オスではその後、黄色の個体の割合が増え、体長17センチメートル以上では全てのオスが黄色になります。また、オスはメスよりも眼が大きいようです。



※ 身に水分が多く、全体が柔らかい。これを焼くと、白身魚ながら皮下に旨味があり不思議なほど美味。煮つけ、唐揚げもうまい。


丹後で釣れる魚大図鑑top