丹後で釣れる魚  カワハギ カワハギ科

 幼魚は流れ藻について生活するが、体長6cmを超えると海底生活に移行する。成魚は水深100m以浅の岩礁まわりの砂地に群れる。雄は体長約10cmで成熟し、背鰭の第2軟条が糸状に長く伸びる。
 

丹後の方言

 一般的に、「こんぐり」、「こぐり」、「まるはぎ」と呼ばれる。
   


※ 海中でホバリングしながら、鈎についたエサをおちょぼ口でかじり取るように食べ、なかなか鈎に掛からないので、餌取の名人と呼ばれる。



※ 寒くなると肝が美味しくなり、海のフォアグラとも呼ばれる。身より肝を好む人も多く、吸い物や肝和え等の料理が一般的です。丹後地方の魚屋では、肝だけを残して内臓を取ったカワハギが並んでいるほど肝は大切にされる。


丹後で釣れる魚大図鑑top