丹後で釣れる魚  シマガツオ シマガツオ科

 体高があり、強く側扁する。生きている時の体は銀白色で、死後急速に黒褐色になる。左右の腹鰭はよく接近し、尾鰭基底部の鰭は徐々に小さくなる。水深150〜300mにすみ、イカ類、小魚、甲殻類を食べる。成魚は50〜70cmほどにな。
 

丹後の方言

 特になし


※ 丹後では一般的ではないが、相模湾では在り来たりの深海魚であり、シマガツオ狙いの乗合船もある。引きが強いので根強い人気もある。



※ 美味しい魚だが、料理するときウロコがとり辛いのが欠点。
 旬は冬。この時期の刺身は脂がのっていて、濃厚な旨味もあり美味しい。脂があるので焼き物、煮つけなどにしてもいい。イタリア料理のカルパッチョにもフレンチのムニエル、フライもいける。


丹後で釣れる魚大図鑑top