丹後で釣れる魚  ヒラメ ヒラメ科

無眼側の胸ビレ中央部の柔軟条は分岐し、有眼側の後頭部に側線分岐がないことで、他のヒラメ科の種と区別される。口はかなり大きい。有眼側の体に3個の眼状斑がある。養殖して放流された個体では、この眼状斑は不顕著である。

丹後の方言

 特になし
※ 夏ビラメは猫も食わぬ、といわれるように晩秋から冬が旬。尾まで肉付き
   のいいのが上物で、てっさのように薄造りにして、紅葉下ろしとアサツキを
   添えポン酢で食べるのが最高。歯ごたえのいい縁側は極上の味だし、酒
   蒸しや昆布締めもオススメ。
※ 左ヒラメ・右カレイ。この見分け方のとおり、腹を下側に置き口が左側にく
   るのがヒラメ。
※ ヒラメは獰猛なフィッシュイーターで、アジやイワシなどの小魚をハリに掛
   け泳がせてヒラメの襲撃を待つ。早合わせは禁物で、これを戒める「ヒラメ
   四十」という言葉があるほどだ。アタリがあってから四十を数える位待って
   から合わせるという事。

丹後で釣れる魚大図鑑top