丹後で釣れる魚  メバル フサカサゴ科

体側に数本の不明瞭な暗色黄帯がある。涙骨には鋭い2棘がある。

丹後の方言

「めばち」が一般的であるが、他に「ねばち」(養老)、「ちゃねばち」(田井)、「まんばち」(舞鶴)、「もいお」(漁連)がある。
※ メバルの旬は春、それもエサをたっぷり食った陽春の季節がうまい。淡白
   だが繊細な身は、煮付けや塩焼きにして滋味にあふれているが、大型の
   ものは薄造りにするといいし、しゃぶしゃぶも、ちょっとしゃれた料理のひと
   つだ。小型のものは唐揚げにするか、醤油と味醂、酒などを加えじっくり煮
   込んで佃煮にしてもうまい。
※ 少し潮の甘い内海や内湾に多いのがメバルだ。その名の由来は、目を精
   一杯に見開いたように見えることから、眼張(めばる)と呼ばれるようにな
   った。昔から“メバル凪ぎ”という釣り用語があるように、この魚は海が荒
   れると海藻やテトラ、捨て石の穴などに避難して出てこない。だからメバル
   を狙うなら凪ぎの日を選んで釣りに出かけた方がいいといわれる。

丹後で釣れる魚大図鑑top