丹後で釣れる魚  ウスメバル フサカサゴ科

体側上半部に数個の暗色斑があることでトゴットメバルに似るが、
これらの斑紋が褐色であり丸くなく不定形であることで区別できる。


沖のやや深い場所で釣れるせいか、釣り人が沖メバルと総称しているのが
この「ウスメバル」と「トゴットメバル」だ。トゴットメバルはウスメバルに非常に
よく似ているが、暗色班が丸みをおび鮮明。丹後で釣れるのはウスメバルの
方が多い。

丹後の方言

 一般に「こむぎ」、「おおむぎ」または「むぎ」と呼ぶ。
 江尻・伊根では「おきめばち」とも言う。
1998年1月、伊根沖漁礁で釣れる。 
※ 水深40〜150mぐらいの岩礁にすみ、海底より少し上方で小群をつくって
   いる。
※ 身が柔らかいから煮付けにするのが一番美味しい。他に、塩焼きや鍋物
   にも使える。 

丹後で釣れる魚大図鑑top