本文へスキップ

ミシマオコゼ    ミシマオコゼ科


 口が大きく上向きで、目は平らな頭部背面の前部にある。沿岸の底生で、砂泥に隠れ目と口だけを出して、小魚を待ち受けて大きな口で素早く捕食する。

ミシマオコゼ


みしまおこぜ


丹後の方言 「ぎぬ」、「きはっそく」が一般的だが、田井では「ぎんどばち」、蒲入では「きわそこ」、湊で「おつね」ともいう。


ミシマオコゼ



 食 味
 白身でもちっとして美味しい。熱を通すと身がよく縮む。


 良く似た魚





魚図鑑

釣り船情報

丹後観光ナビ

北近畿の日帰り温泉

ぶら丹後