丹後探検隊 経ヶ岬を探索
丹後探検隊トップページ 丹後・観光お助けツール 丹後の名水 丹後の旬の食材 丹後魚大図鑑 丹後沖釣り情報

丹後の観光お奨めスポット
丹後遊漁船情報
丹後の旬 美味しい食材
丹後の日帰り温泉紹介
丹後で釣れる魚大図鑑
管理人ブログ
南海の丹後 屋久島・旅工房
 
磯砂山に登る

丹後の紅葉スポット

幻の小豆 薦池大納言

浦島神社の延年祭

KTR 赤松・青松

久美浜のひな祭り

丹後半島・大成古墳

丹後半島・犬ヶ岬

籠神社の葵祭

岩滝・大名行列

恋のパワースポット

大江山の雲海

赤ちゃん初土俵入り

与謝野町・岩滝祭り

旧尾藤家の雛人形

上世屋探索

宮津・金引きの滝

丹後の桜探索

丹後の寒ブリ

丹後の浦島太郎伝説
     龍穴の謎!


冬の世屋高原にカンジキ
    履いてレッツゴー


第1回 ロードスタークラブ
     ミィーティング
 その昔、天橋立は天への架け橋といわれており、女神イザナミと男神イザナギが天への上り下りに使っていました。ある日イザナギが昼寝をしている間に倒れて、それが天橋立になったという神話が残っています。







丹後半島 ~ 経ヶ岬

 経ヶ岬は丹後半島の先端、近畿地方最北端の岬で、日本海の荒波に削られ切り立った断崖が特徴の絶景ポイントです。空気の澄んだ日には、遠く越前海岸越しに白山の山並みを見る事が出来ます。

経ヶ岬灯台 経ヶ岬の先端、海抜140メートルの断崖には「経ヶ岬灯台」が建ち、映画「喜びも悲しみも幾年月」の舞台にもなりました。
 明治31年の点灯以来、今日まで1世紀以上、沖合を行き交う船舶の安全を守り続けています。

 この灯台のレンズを回転させる機械は、水銀槽式回転機械と呼ばれるもので、1893年フランス技師、プール・デーュ氏が重いレンズを円滑に回転させるために発明したもので、当時、画期的な発明として、世界中から注目され、パリで開催された万国博覧会に展示されたものを、そのまま購入して、経ヶ岬灯台に設置したものです。
 光源はメタルハライドランプを使用し、光の到達距離は55km。レンズは全国で6灯台しかない、最高級の第1等レンズを使用しています。




 灯台からは海岸へ降りる遊歩道がありますが、整備が悪く草が生い茂っていました。


イカリソウ

  トキワイカリソウ

 四季折々の山野草を見る事が出来ます。



 灯台から10分程下るとコンクリートで出来た古い東小屋が見えてきます。


 海岸に下りると安山岩からなる柱状節理が荒波に浸食され、何とも言えぬ壮観な風景を作り出しています。

経ヶ岬


経が岬

 地名の由来には諸説ありますが、海面近くにほぼ垂直に立つ柱状玄武岩が、沖合の船から見ると経巻を立てたように見える説や、航行の難所であったため、船人がここを通る時、安全を祈り、お経を唱えながら通ったので、経ヶ岬の名がついたとも言われます。














 丹後半島・犬ヶ岬へ








管理人ブログ