丹後・観光ナビ トップページ
丹後半島 観光マップ
丹後・観光 ナビ
丹後探検隊
丹後の日帰り温泉
マリントピア ホットニュース
マリントピア 釣り情報



      琴 引 浜
丹後3市2町公式サイト
● 宮津市
 宮津・観光協会
● 京丹後市
 京丹後・観光協会
● 与謝野町
 与謝・観光協会
● 伊根町
 伊根・観光協会
● 舞鶴市
 舞鶴・観光協会
 

和み庵 空と海


宇川温泉 よし野の里





琴引浜鳴き砂文化館
琴引浜鳴き砂文化館は、財団法人日本ナショナルトラストが財団法人日本宝くじ協会
の助成を得て建設し、網野町が管理運営を行っています。
 開館時間  午前9時~午後5時
 入館は午後4時30分まで
 入館料  大人     300円
 小・中学生  100円
 休館日  毎週火曜日・12月28日~1月3日
 (休日の場合は翌日)

    琴引浜鳴き砂文化館
 〒629-3112
  京都府竹野郡網野町字掛津56番地
  ℡ 0772-72-5511 
日本をはじめ世界各地の鳴き砂の標本が展示されています。
日本の鳴砂
日本で鳴き砂のある場所は大半が海岸の砂浜ですが、なかには内陸部の山中や湖
畔にも見ることができます。北は北海道から南は沖縄の西表島まで、その数は30ヶ所
とも40ヶ所ともいわれていますが、現在では汚れて鳴かなくなった場所もあります。
琴引浜や琴ヶ浜などの地名は、鳴き砂の音を琴の音色にたとえて名付けたものです
し、九九鳴き浜や十八鳴り浜などは「クックッ」という鳴き砂の音をそのまま付けたもの
といわれています。
漂着物コーナー
日本海に面する
琴引浜には、海
流にのり、世界
各地からさまざ
まな物が漂着し
ます。
南の島のやしの実や貝殻、海に捨てられ
た空き瓶や空き缶等が流れ着きます。そ
れらはその国の生活や環境をも想像させ
てくれます。

漂着物で造ったアートも展示されています

鳴き砂体験コーナー

なぜ砂が鳴くの??
 砂が鳴くメカニズムを説明することは大変難しいのですが、分かりやすく例えると、ガ
ラスのコップを洗剤で油分をきれいに落として手でこすると、キュッキュッと鳴りますが、
これと同じ理屈で、きれいな海水で洗われた石英質の多い砂の表面は、砂粒子間の
摩擦係数が非常に高く、それに一定以上の力を加えると急に静止摩擦が破断し音が
でるのです。少しでも生活排水などに含まれる油分や汚れが石英粒子表面に付着し
ていると、摩擦抵抗が小さくなり、張りのある高い音は出なくなり鳴きません。鳴き砂は
きれいな海の象徴でもあります。

 琴引浜へリンク

Top ページヘ        周辺地図へ